第4回本公演「SHOPPING MOLE 1&2」

第4回本公演「SHOPPING MOLE 1&2」

SHOPPING MOLE 1&2

Cooch第4回本公演SHOPPING MOLE1&2 。
中野テアトルBONBONにて7日間全12ステージが催され、動員人数は1300人を達成。
Cooch初のシリーズ物となった本作品は、MOLE1がCooch発足前の2013年、中野ザ・ポケットにて公演したジュオス藤桑&馬馬ゆのん共作の「SHOPPING MOLE 1-パンドーラーの代償-」をセルフリメイク(初の再演)。MOLE2は満を持して闇医者サボテンシリーズの続編「SHOPPING MOLE 2-ポポフゴーストの救命曲線-」を公演。どちらの作品も高評価を得る。

SHOPPING MOLE 1 -パンドーラーの代償-

横浜中華街のとある閉店した中華料理店。
そこには「サボテン」と呼ばれる闇医者が医院をかまえていた。隣の中華料理店の従業員達や麻薬常習犯のマンション管理人、しまいには移動式ペットショップの風変わりな男など、来訪者が絶えない医院は、とても闇稼業をしている男の場所とは思えないほど今日も騒がしい。

そのサボテンの元へある日、日本人の夫婦がやってくる。
「あの、モグラ買いたいんですけど…」

サボテンの表情が固まる。その合言葉が意味するものは、日本医師会(日本産科婦人科学会)では認められていない代理母出産の斡旋…日本ではタブー視されている、法整備されない出生の善悪。

サボテンはその代理母に、ひとりの中国人の女を選んだ…

国籍も人種も学歴も容姿も哲学も人生も笑い飛ばせ。
さぁ、目を開けて進め。そして、最後まで笑え。

SHOPPING MOLE 2 -ポポフゴーストの救命曲線-

代理母出産事件から2年。
闇医者サボテンは中華街から新大久保の閉店したサムギョプサル屋へ、人知れず医院を移転させていた。そこへサボテンの大学病院勤務時代の過去を知る男、巷では天才外科医として評判の相馬茂がある美しい患者を連れてやってくる。患者の名は勝浦恵美。彼女の心臓にはとても大きな非癌性原発性心臓腫瘍ができていた。サボテンは一度は手術の依頼を断るも、相馬の説得により彼女を自身の医院で預かることにした。ある日、入院している勝浦がサボテンに突然語りかける。

「ねぇ先生。わたしね、見えるの」

突如わいた幽霊話。様々起こる怪奇現象に医院のメンバーや近所のデタラメな連中たちは慌てふためき、そしてはしゃぐ。幽霊など信じていないサボテンは、しかし難解な手術を前に、まずは怪奇現象の真相解明をすることに。
すると患者の勝浦のある事実が明らかになってゆく。彼女の体はキメラ。そう、同一個体内に異なった遺伝子細胞を有する人間だった・・・

闇医者サボテンシリーズ第2弾・ポポフゴーストの救命曲線。
サボテンが対峙するのは見えざる敵・幽霊。
現代医療の現場から、新たな解釈で幽霊の解明へと挑む物語は、やがていつしか人々の命の尊厳の話へと成り代わってゆく。

公演データ

スケジュール:
2016年7月12日~18日
712()19:00(1)
713()19:00(2)
714()19:00(1)
715()19:00(2)
716()12:00(2)/15:30(2)/19:00(1)
717()12:00(1)/15:30(1)/19:00(2)
718(/)13:00(1)/16:00(2)

1…SHOPPING MOLE1-パンドーラーの代償
2…SHOPPING MOLE2-ポポフゴーストの救命曲線

劇場:
中野テアトルBONBON

出演者:
MOLE1&2
道井良樹 重元美沙 日向翔梧 伊藤真麻

MOLE1
吉田彩花 東樹 戸所春香 鈴木澄子 水野淳之 有賀太朗 井吹俊信 普光院貴之 水田早紀 長谷川弘 齊藤恵太 矢島綾人 川上健人 坂井千恵 海沼亜弥

MOLE2
迫田圭司 八城まゆ 野仲真司 安藤紫緒 瀬崎良太 大熊祐我 山内航 豊里歩美 加賀美秀明 田原イサヲ 前田美香 本田有紗 中迫達也 阿部隆太 岩下良 坂口アミ

スタッフ:
脚本:ジュオス藤桑&馬馬ゆのん 演出:馬馬ゆのん 舞台監督:小林 岳郎 照明:新藤 浩 (株)KM Station 音響:安部 聡 舞台美術:小松 将 slinkys 制作主任:坂井雄一 製作:Cooch

協力:オンディーナ/株式会社ALBA/株式会社Allen/株式会社サイドエー/株式会社プライム/グランディア/グローリーエージェンシー/劇団龍門/劇団民藝/豪華!刺身盛り/スターダス・21/青春事情/タイガー/TEAM空想笑年/T1project/電動夏子安置システム/優企画/LIBERTA/

URL :
TRACKBACK URL :

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)